773sound-WEB  046 ( 261 ) 7773

「カテゴリー」別で、お読みください

canarino12V(11)装着編+ほかコンビニスイッチ

0

    実車装着に便利な装置?を紹介しますw

    コンビニスイッチ ? を推奨!

     

    canarino12V は起動まで(曲再生)約40秒ほどかかりますw
    コンビニなどで短時間の買い物などの場合は
    canarino12V を作動させたまま
    クルマのエンジンを切る

     

    つまり・・・
    クルマのエンジンは OFF
    canarino12V は ON
    (電源を必要とする DAC も作動させてください)

     

    この方が何かと便利(コンビニ)なのです

     

    そこで・・・
    コンビニスイッチ(ショートストップ用スイッチ)とでも言うのかな?

     

    これにを付けることで・・・
    canarino12V を作動させたまま
    クルマのエンジンを OFF できるようにしました

    便利ですよっ

     

    もう1度・・・書きますよっ
    電源を必要とする DAC (DDC) の場合は
    canarino12V と同じように DAC も作動させないとダメですよ!

     

    責任持てない回路図みたいなのを載せるけど・・・
    間違ってても知らないからね!

     

    こんな感じで取り付けましたぁ
    必要に応じてヒューズ入れてくださいねっ

     

    ココからは・・・クラリオン FDS にも装着したので紹介しますね!

     

    C-HR・・・ですっ

    取材を受けていますw
    ・・・
    canarino12V (オリオスペック)の取材です!

     

    DAC デバイスは・・・
    iFI Audio iDAC2 をチョイス

     

    canarino12V と iDAC2 の組み合わせの場合
    (foobar2000 再生)
    ほぼ=全てのデジタルファイルを再生させることが可能です

     

    DSD256 も DXD ファイルまで・・・

     

    その上
    贅沢に・・・ JCAT を挟んでいながら
    DSD256 から DXD ファイルまで再生させることができるのです
    (この下に JCAT があるのですw)

     

    このクルマ
    クラリオンの FDS システムなんです

    ・・・

    Z3 に直接 canarino12V と USB 接続することもできますが・・・
    再生可能なファイルや
    ほかに色々と考えると・・・

     

    ここは
    DAC 経由で・・・
    Analog / COAX 共に Z3 に接続していますw


    ちなみに・・・

    ナビは KENWOOD で Z3 アナログ(ハイ)に接続
    上記に書いたように
    iFI Audio iDAC2 経由アナログも Z3(ロー)に接続

     

    こうすることで
    KENWOOD ナビの音声案内&DAC経由音楽再生をミックスさせることができるのですw


    クラリオン FDS (フルデジタルサウンド)も
    詳しく取扱ってる= 773SOUND です!

     

    オーディオアクセサリー編は・・・コチラ

     

    canarino12V とは? | permalink | - | -

    canarino12V(10)システムに於ける「良いねっ!」

    0

       

      その10=システムに於ける「良いねっ!」


      (イラストは使用ケーブルとは異なります)

       

      操作する「タブレット端末」以外は
      すべて=リヤラゲッジ部分に設置できるので
      使用したケーブルの長さは・・・

       

      canarino 12V 〜( USB cable 50cm )
      JCAT 〜( USB cable 50cm )
      AT-HRD500〜( RCA cable 30cm、SPDIF cable 50cm )
      DSP PRO MK2〜amp.( RCA cable 70cm )

       

      つまり・・・
      短いケーブルで接続できますw

       

      USB ケーブルには規格があります・・・が
      「オーディオで使う場合 1m 位までのものを使いたい・・・」と書かれてる記事を見ることもありますw

       

      デジタルケーブル( USB or SPDIF )も
      アナログケーブル( RCA )も
      ・・・
      すべて 短いケーブルを使用できるので
      接続条件やオーディオにとって=最良なシステムができるのも canarino 12V なんですよw

       

      注意:DAC などへ接続の際は、本機の USB 接続ポートは「2.0」お使いください。

       

      P.S.=追伸ーーーっ!

      iFI Audio 社の DAC (DDC)を使用する場合の注意メモ

       

      ( i-DAC2 )


      canarino 12V と iFI Audio 系の DAC との相性について・・・


      iFI Audio 系の DAC を使用するときは
      i-DAC2 や i-ONE のように
      内臓バッテリーを持っていないタイプを推奨しますw


      内臓バッテリーを持ってる iFI Audio 製品の場合
      そのバッテリーが上がってしまうのが理由です


      もちろん
      iFI Audio デバイス用「 ASIO ドライバ」もインストールしてありますよ!

      ( i-ONE )

       

      実車 取付例・・・
      コンビニスイッチをつける!=は コチラ

       

      【オートサウンドウェブレビュー】車載ハイレゾ全方位対応完成か!
      ・・・
      AutoSound Web のサイトはコチラ

      1:canarino12V搭載車を体験(1/4)

      2:canarino12V搭載車を体験(2/4)

      3:canarino12V搭載車を体験(3/4)

      4:canarino12V搭載車を体験(4/4)

       

      canarino12V とは? | permalink | - | -

      canarino12V(9)Monkey Mote リモート操作編

      0

         

        その9・・・(Monkey Mote リモート操作編)

         

        タブレット(スマホ)にリモートアプリをインストールしますw
        ここでは・・・ i-Pad (mini)i-OS を使って説明!
        ( Andoroid 用アプリもあります)

        Monkey Mote for foobar2000 〜アプリをインストールしてください(有料)

        ( i-Pad 用リモートアプリは・・・HD がつきます)


        ( i-Phone 用リモートアプリです)

         

        (写真右下が アイコン)

        canarino 12V が作動している状態で
        まずは・・・
        i-Pad を  WMR-433W と Wi-Fi 接続します

        ( i-Pad 設定内で WMR-433W を探します)

         

        WMR-433W 本体の「PIN番号」で接続します
        (本体裏/カードに記入されています。もしくは変更後のPIN番号)

         

        接続したら・・・

         

        Monkey Mote アプリを開いて・・・「canarino12V」右側の数字をタッチして接続します
        (canarino 12V に Monkey Mote のコンポーネントやプラグインはインストール済)

        (右側の数字=192〜ここをタッチ)

         

        i-Pad が foobar2000 とつながりました!
        ディスプレイ画面とは全く違う「リモート画面」になっています

        (これは再生中の画面です)

         

        ここからは簡単に操作方法を説明しますが・・・

        タブレット / スマホのアプリケーションは
        直感的に使えるように出来ています

         

        だから・・・取説みたいなのは=無いのです!

         

        適当に触って
        選曲したり
        プレイリストを作ってくださいw

         

        ここは
        あなたの直感的な感覚や
        想像力が試される部分ですよ!

         

        i-Pad を横にした場合
        左側に
        「Now Playing=再生中」
        「Lyrics=歌詞」
        「Playlists=プレイリスト」
        「Artists=アーティスト」
        「Albums=アルバム」
        「Genres=ジャンル」
        「Composers=コンポーザー」
        「Folders=フォルダー」
        「Search=サーチ」
        それぞれをタッチすれば・・・
        いろいろと分かってきますw

         

        「Albums=アルバム」をタッチすると・・・
        外付け SSD に入れた「全てのアルバム・楽曲」が確認できますw
        右上の「矢印」や「3本線」も触ると分かるよ!

         

        「Albums=アルバム」から
        聴きたい「アルバム」を探します

        アルバムアートを長押しすれば
        ・・・
        曲を聴いたり
        プレイリストに追加したりできます

         

         

         

        試聴中の楽曲の左の「アルバムアート」をタッチすれば
        「大きなアート」が表示されます

         

        曲名の右側をタッチすれば
        その曲の詳細情報が現れますw

         

         

        上のアルバムアートをタッチします

         

        同じアーティストで SSD に入ってる全アルバムを表示します
        (  SHANTI さんのアルバム6枚持っていました!)


        その中から1枚を聴きます(追加します)

         

        アーティスト他を探すこともできます


        新しくプレイリストを作れます


        プレイリストから・・・1曲づつ削除できます
        または
        プレイリストごと・・・削除できます

         

         

        まぁ・・・
        すぐに慣れますw

         

        とにかく・・・

        快適に音楽を聴くには「デジタル音楽ファイル」を使うことが1番でしょう?

        また・・・

        PC オーディオは
        良質なサウンドを再生してくれるし
        ほとんどのファイルを再生できる
        ・・・
        OS や アプリケーションは
        ファームウェアアップにより
        常に「最新の状態」にできる・・・

         

        (必要に応じてアップすれば良いので、アップしないで大丈夫ですよ!音楽再生するだけのオーディオ PC なので・・・)


        カスタマイズも可能で・・・
        好みの「再生アプリ」を使っても良いし
        楽しいこと!
        便利なこと!
        快適なんです!


        ホームオーディオで
        すでに楽しんでいる「ネットオーディオ/PCオーディオ」の世界を・・・クルマの中でも実現したのです!

         

        クルマ用の・・・こんなオーディオが欲しかったのですw

         

        よくぞ 作ってくれたのです!
        「オリオスペックさん」

         

        試聴や体験したい方は
        ご来店=お待ちしてます by  773SOUND

         

        続く=その10=システムに於ける「良いねっ!」

         

        canarino12V とは? | permalink | - | -

        canarino12V(8)foobar2000 & PC の DAC設定編

        0

           

          その8・・・(foobar2000 & PC の DAC設定編)

           

          canarino 12V に・・・
          DAC / DDC (以下DAC)を接続するときに設定をします


          この時に
          モニターとマウスが必要になります
          その7・・・( 実際の接続応用編)で紹介したように
          車載できる「モバイルモニター(バスパワー)」があると便利ですよ!


          (バスパワー HDMIモニター)

           

          それでは・・・本題に入ります
          ここも DAC は
          audio-technica AT-HRD500 で説明します
          (他の DAC の場合は、それぞれの DAC に置き換えてください)

           

          注意
          AT-HRD500 / canarino12V 共に
          電源が入ってる事を確認

          USB ケーブルが接続されてるか確認
          ・・・して設定します

           

          foobar2000 のアプリ画面の「左上部」・・・
          「File」をクリック


          「Preferences」の
          「Playback」内
          「Output」を選び・・・右側の「DSD:ASIO:AT-HRD500」を選択

          同じく
          「Preferences」の
          「Playback」内
          「Output」内
          「ASIO」を選び・・・右側の「AT-HRD500」を選択

           

          この時
          「AT-HRD500」を W クリックすると

           

          下の画面が出ますので・・・
          32 PCM / DSD を選択
          必要に応じて高い数字で Buffer を選択して右上の「丸マイナス」で閉じますw

           

          戻って・・・同じく
          「Preferences」の
          「Tools」内
          「SACD」を選び・・・右側の「DSD+PCM」を選択

           

          「Apply」&「OK」で閉じますw

          これで・・・foobar2000 の設定は終わりです

           

          最後に・・・PC 設定です

          PC 画面右下の「タスクバー」の「スピーカーマーク」を
          右クリックして「デバイス再生」を選択

           

          「デジタル出力」AT-HRD500 を選択&右下「プロパティ」をクリック


          「サポートされている形式」をクリック
          「エンコード形式」内の四角の中のチェックを外す

          「サンプルレート」内の
          全てのサンプルレートの四角の中にチェックを入れる

          下の「適用」「OK」をクリック

           

          「レベル」をクリック
          「メイン音量」を最大にして
          下の「適用」「OK」をクリック


          「詳細」をクリックして
          「 2チャンネル、32ビット、384000Hz(スタジオの音質)」を選択して「適用」「 OK 」で閉じますw


          サウンド画面に戻り

           

          「サウンド」の「サウンド」をクリック

           

          「サウンド設定」を「サウンドなし」を選択
          「適用」「OK」をクリック

           設定は=コレで終わり!

           

          ちなみに・・・
          外付け SSD などを追加したい場合は


          foobar2000 のアプリ画面の「左上部」の・・・
          「file」をクリック

           

          「preferences」の中の・・・「Media Libtary」を選んで

          画面(右側)の「Add..」(追加)をクリックして
          追加する「ドライブ E ; ¥」や「ドライブ F ; ¥」を選択して「Apply」&「OK」ですw

           

          設定の後半は・・・
          audio-technica DACデバイス=AT-HRD500(AT-HRD5)は設定でした

           

           

          詳しくは
          audio-technica 「車載関連「デジタルトランスポート D/Aコンバーター」「AT-HRD500」サイト内に「ソフトウェアダウンロード」のリンク先にて設定方法&ASIOドライバーが用意されていますので、ご確認ください!

           

          続く・・・(Monkey Mote リモート操作編)

           

          canarino12V とは? | permalink | - | -

          canarino12V(7)実際の接続応用編

          0


            その7・・・( 実際の接続応用編)

             

            canarino 12V と必要なパーツの話をして・・・
            こんなシステムになりましたねぇ


            本日は「接続・取付例」をブログしますw

             

            まずは・・・電源について


            マイナスケーブル(本機は=黒線 約20cm )は
            クルマボディにシッカリ=アースします

             

            常時電源ケーブル(本機は=赤線 約20cm )
            ここにはヒューズを設けます( 15A 使用)

             

            アクセサリーケーブル(本機は=白線 約20cm )
            ここにはヒューズを設けます( 15A 使用)

             

            注:必要に応じてケーブルは、延長してご使用ください

             

            運転席から手の届く場所に
            アクセサリーケーブルの「 ON/OFF スイッチ」を設けますw

            (スイッチを設置)

             

            純正オーディオを楽しむときは
            本機を OFF にしたいのと・・・
            その他の用途でも「スイッチ」は必要ですっ!

            (なんか適当な場所につけてしまったぁ)


            canarino 12V の動作確認のために
            本機「白色 LED 」を
            運転席から見える場所に設置!

             

            本機の設定や
            音楽再生アプリの設定・変更などの場合
            マウス / ディスプレイを繋ぐ必要があるので・・・

            (給電用&マウス用USB延長、HDMI延長)

             

            USB 給電用 と マウス用の「 USB 延長ケーブル」
            ディスプレー用「 HDMI 延長ケーブル」も用意しました

             

            「外付け SSD やメモリー」用に
            「短めの USB ケーブル」を予め用意するのも良いでしょう!


            ちなみに・・・設定/チェック用に
            こんなモバイルできる USB バスパワーモニターを使っています


            注意:
            クルマのモニター(ナビ含)の HDMI 入力に接続しないでください
            PC 画面と同じように全画面が映らない場合があります!
            また、ノイズが発生する恐れがあります
            通常使用時は、モニターを使用しません!

             

            余談ですw


            ワイヤレスのマウスだと
            サウンド的に悪影響を及ぼすのじゃないかと思うので・・・?
            ケーブル付マウスを使用したいですねぇ

             

            正確に言えば・・・
            本機には「PS/2」チャックがあるので
            ここにマウスを接続したいのであります!
            まぁ
            マウスを使用するときは設定時だけなので気にしなくても良いかも?

             

            P.S.=追伸ーーーっ!

             

            ちなみに・・・

            canarino 12V は・・・
            最低動作バッテリー電圧=6V
            最高動作バッテリー電圧=24V ・・・です

             

            続く・・・(foobar2000 & PC の DAC設定編)

             

            canarino12V とは? | permalink | - | -

            canarino12V(6)DAC/DDC 接続編

            0

               

              その6・・・( DAC/DDC 接続編)


              canarino 12V は・・・
              S/PDIF(Optical)OUT を装備していますが
              USB デジタルアウトで使った方が
              優位(有利)なのですw


              理由は・・・分かりますよねっ!


              そうなれば・・・
              DAC / DDC (以下 DAC)が必要になります!

               

              ここでは・・・
              audio-technica AT-HRD500 を使って説明しますw

               

              canarino 12V から DAC(AT-HRD500 )へは
              USB ケーブル( A to B )を接続するだけです!

               

              ( A )to ホスト

              ( B )to デバイス=DAC

               

              気づきましたか?

              DAP などの場合・・・
              OTG ケーブルが間に入っちゃいますよねぇ?


              (SONY ウォークマン用 OTG ケーブル)

              ( micro B  OTG ケーブル)


              高級オーディオ用 USB ケーブル( A to B )を使っているのに・・・
              OTG ケーブルが間に入っちゃう!
              そりゃ=ないぜ!

               

              canarino 12V は「ホスト」だから・・・
              OTG ケーブルは必要ありません!

              お好みの USB ケーブルを使用するだけ!
              =充電用に改造しなくても良いのですw

              ちょっと話が逸れましたぁ

               

               

              canarino 12V には

              AT-HRD500「ASIO ドライバ」をインストール済みです
              =気が利いていますねぇ?

               

              つまり・・・
              「 ASIO 」ドライバ経由ですよっ
              音が悪いわけがないと 思いますがっ!・・・どうですか?(個人的意見です)

               

              知れば知るほど
              ・・・
              面白そうな「プレイヤー」でしょう?

              これら DAC の設定に関しては・・・この先に説明しますよ!

               

              おーーーっと!
              これを書かなければ・・・


              電源が必要な DAC の場合 canarino12V がシャットダウンするまで
              通電する必要がありますよ!

              (シャットダウンより先に DAC 電源が切れても結果的に正常動作してくれますが、正しくは通電するのが基本です)

               

              つまり= canarino12V が
              立ち上がるときには、DAC は通電させる!
              シャットダウン後に、DAC を切断させる!

               

              この後アップする内容で「コンビニスイッチ」
              ( canarino12V オプションではありません)


              この場合も canarino12V が動作させるとき
              電源が必要な DAC も「コンビニスイッチ」で動作させないとダメですよ!


              続く・・・( 実際の接続応用編)

               

              canarino12V とは? | permalink | - | -

              canarino12V(5)Wi-Fi ルータ編

              0

                 

                その5・・・(Wi-Fi ルータ編)


                タブレット/スマホなどで選曲・操作するときに
                canarino 12V に必要なパーツ(周辺機器)を紹介しましょうw

                 

                Wi-Fi ルーターが必要になります


                ここでは・・・
                BUFFALO 製 WMR-433W(シリーズ)を使って説明します

                (WMR-433W は USB給電ケーブル(25cm)が付属されてます)

                 

                本機とWMR-433Wを

                LANケーブルで接続
                WMR-433W電源用 USBケーブルを接続


                (LANケーブル=短くて大丈夫ですよ)

                 

                たったこれだけ!

                ・・・車の中で
                タブレット・スマホで
                快適に楽曲を選ぶことができるようになるのです

                 

                ( i-Pad mini スクリーンショット)


                それもそのはず・・・
                プラグインや設定も済ませているのが
                canarino 12V の良いところ!


                難しくないのですっ


                よくある質問ですが・・・
                データ通信料はかかりませんよっ!

                 

                WMR-433Wシリーズは・・・
                ¥2,000-(税別)前後で売られていますw(通販サイト内:参考)

                 

                 

                注意:

                WMR-433Wは
                使用目的により設定を変更できる製品です

                工場出荷時は「ルーターモード」になってると思います

                 

                今回の使い方の場合は「設定の変更」が必要です

                 

                (以下設定説明)

                ローカルモードに設定しましょうw
                =インターネットに接続せずにネットワークを構築する場合の設定にする
                =インターネットとの接続:なし
                =端末との接続・無線

                ・・・で設定します
                WMR-433W の設定ガイドは・・・
                BUFFALO のココの PDF できますよ!


                続く・・・( DAC/DDC 接続編)

                 

                canarino12V とは? | permalink | - | -

                canarino12V(4)外付け SSD 編

                0

                   

                  その4・・・(外付け SSD 編)


                  canarino 12V に必要なパーツ(周辺機器)を紹介しましょうw

                   

                  持ってる楽曲・再生したい楽曲を
                  外付け SSD で本機と接続しよう!

                   

                  DAP のように容量を気にしないで
                  楽曲を入れられるのですw
                  ・・・
                  良いでしょう!

                   

                  USB メモリーより SSD を強く薦めますw

                   

                  SSD はモーターがないので耐震性が強いぞっ
                  注意:HDD は車の中ではトラブルのもとです!


                  たくさん楽曲を持ってる方や
                  この先
                  ドンドン音源増えるだろうから
                  容量の大きい SSD を使っちゃえば良いのですw(贅沢ぅ)


                  (写真は、2.5インチ内臓 SSD & SATAケーブルにて外付使用)

                   

                  プリインストールされている
                  foobar2000 は・・・


                  圧縮ファイルから
                  DSD ファイルまで・・・
                  ほとんどのデジタル音楽ファイルを再生できます
                  ( DAC・設定・接続ほかによる)

                  (写真左側の USB 2.0 ポート縦2ツに、USB OUT & SSD を繋げる方がベターだよ!)

                   

                  この写真は・・・
                  2つの SSD を接続していますw


                  まだまだ
                  空いてる USB ポートがあるから
                  SSD を追加できます(設定しましょう)


                  それから・・・
                  SSD は使用する前(楽曲を入れる前)に
                  ウィンドウズが認識できるようにフォーマットしてくださいw
                  (当たり前だね!・・・「Mac OS 拡張」だと読まないぞっ!)


                  厳重注意:
                  canarino 12V の作動中は「外付け SSD 」などを
                  抜いたりしてはダメですよ!
                  本機電源が OFF していることを確認してから抜いてくださいネ!

                   

                  補足:
                  本機内臓 SSD の「ミュージックフォルダー」にも楽曲を入れることが出来ます!
                  ドロップ&ドローでコピーペーストすれば良いのですw
                  (ディスプレー&マウスで操作が必要)


                  続く・・・(Wi-Fi ルータ編)

                   

                  canarino12V とは? | permalink | - | -

                  canarino12V(3)(装備ポート編)

                  0

                     

                    その3・・・(装備ポート編)

                     

                    イメージできたかなぁ?


                    オーディオ PC ということなので・・・
                    本機の側面にある(電源以外)
                    再生・設定に必要なコネクター類を
                    紹介しましょうw

                     


                    USB 2.0 ポート=4ツ
                    USB 3.0 ポート=4ツ

                    ディスプレイポート=1ツ
                    HDMIポート=1ツ

                    LANポート=1ツ
                    OPTICALポート=1ツ(S/PDIF)


                    この他の部分は接続する必要ありません!


                    だんだん分かってきましたか?


                    つまり
                    デスクトップ PC に例えると・・・
                    「タワー」と呼ばれる部分なのです


                    ディスプレー
                    マウス
                    キーボードが無く・・・

                    タワー単体で使用するのです

                     

                     

                    ただし・・・
                    取付時の初期設定や設定を変更する時などには
                    ディスプレー&マウスを接続して設定する必要がありますw

                     

                    (i-Pad mini スクリーンショット)

                     

                    続く・・・(外付け SSD 編)

                    canarino12V とは? | permalink | - | -

                    canarino12V(2)動作編

                    0

                      その2・・・(動作編)

                       

                      オーディオ PC 
                      ということで= OS : Windows 

                       

                      プリインストールされる音楽再生アプリ
                      = foobar2000 

                      (お好きな音楽再生アプリでも可)

                       

                       

                      電源
                      = 12V常時電源、アース、12Vアクセサリーを使用します

                      (canarino12V 付属の電源ケーブル「常時・アクセサリー」は上記図とケーブル色が違いますので、お気をつけください)


                      アクセサリーと連動して
                      音楽再生アプリ(foobar2000)まで立ち上げ
                      楽曲を再生をします
                      (レジューム機能設定による)


                      または・・・
                      アクセサリーと連動して
                      シャットダウンします

                      canarino 12V =本体の他に同梱されるものは

                      1:電源ケーブル(約20cm)
                      1:白色 LED (本機動作確認用オプションLED)
                      1:電源リモコン(Wi-Fi仕様)=エマージェンシー用電源OFFリモコン
                      1:Windows ソフト
                      1:丸型12V OUT電源ケーブル( PC 連動)=通常使用しません
                      1:簡易説明書

                       

                      販売価格・・・¥200,000-(税別)

                       

                      大きさ:254mm_235mm_80mm(約)


                      (本体)


                      (電源ケーブル:約20cm)
                      基本動作電源用に3本使用=赤:常時電源、白:アクセサリー電源、黒:アース
                      他の2本のケーブル(緑・黄)はオプション LED と接続用ケーブル


                      (白色 LED )
                      運転席から動作確認できる位置に設置するオプション LED
                      上記電源ケーブル(緑&黄)を使用します(緑:LED緑線、黄:LED白線)


                      (電源リモコン:Wi-Fi仕様=エマージェンシー用電源OFFリモコン)


                      (Windows ソフト)


                      (丸型12V OUT電源ケーブル:PC 連動)=通常使用しません


                      続く・・・(装備ポート編)

                       

                      canarino12V とは? | permalink | - | -