773sound-WEB  046 ( 261 ) 7773

「カテゴリー」別で、お読みください

audio-technica AT-HRD500 とは?・・・その3:続・DDC して使用する

0


    その3:続・DDC して使用する

    DDC とは「デジタル to デジタルコンバート」です!


    S/PDIF OUT した先の DSP デバイスなどの性能やスペックにも注意しなければならない部分もあるし・・・
    プレイヤー(ホスト)の設定や性能にも関係するので、本ブログでは「システムに関わらず」書いていきますw


    本日は・・・
    「USB デジタル to S/PDIF デジタルコンバート」・・・の話っ
    (USB デジタル入力 から S/PDIF デジタル出力)


    USB デジタル(32〜384kHz、16bit〜32bit、DSD64、DSD128)入力できます

     

    773SOUND では「USB 出力」のプレイヤー(ホスト)を推奨してきました
    その理由がこの数字なのです

     

    例えば・・・
    32bit / 192kHz な〜んて楽曲が増えてきてるし・・・

     


    そう言った意味では
    やがて・・・
    S/PDIF(24bit /192kHz)では対応できなく・・・なりつつあるのかなぁ?
    と感じるからです


    もっとも DAP でコンバートする場合は良いんだろうけど・・・
    ここも話が長くなってしまいそうなので=カットっ

    少し話が外れてしまいました(笑

     

    特筆すべきことは・・・
    なっ
    なんとっ
    DSD(64/128) まで PCM 変換してしまう
    恐ろしく素晴らしい機能も持っているのですよー!


    DSD で聴きたい楽曲もあるでしょ?

     

     

    その上・・・
    サンプリング周波数固定できてしまう
    ので


    どんな ?サンプリングレート処理の DSP でも・・・
    DSD を DSP にデジタル接続させることが出来るんです!


    もはや恐ろしいくらいに完成度の高いデバイスなのです

     


    さらっと書いてしまったけど

    なかなか面白く
    システムを構築する上で
    とんでもなく便利で
    素晴らしいデバイス
    = AT-HRD500 を売り出してしまったのは=audio-technica さんなのですっ

     

    こんなこと
    あんなこと
    ・・・
    製品についてや・・・システムの提案
    プレイヤー(ホスト)のことまで
    色々と分からない方は

    ご来店=お待ちいたしておりますw

     

     

     

    AT-HRD500 とは? | permalink | - | -